DALL-E3で表現する様々なアートスタイル – 古典から未来まで

画像生成AIは、人間の創造性を無限に拡張させています。DALL-E3は、日常でよく見かける画像から、はるか昔のルネッサンススタイルやSF写真まで表現することができます。このような高度な機能でどれほど多様なスタイルで生成できるかをご紹介します。

写実主義スタイルの画像

DALL-E3は、写真のように鮮やかでリアルな画像を生成することができます。自然風景、ポートレート、街並みなど、さまざまなシーンに適用することができます。リアリズムスタイルは、現実世界のイメージを写真のように精巧かつ鮮やかに再現することに焦点を当てています。写真とほとんど見分けがつかないほど高いレベルのディテール、現実的な色や照明、テクスチャ、きれいで正確な線が特徴です。 写実主義スタイルを表現する方法は簡単です。画像を作成する際に、リアリズム的に表現するように依頼すればよいのです。リアリズムスタイルは、特に次のような分野で優れています。

自然風景

「雪に覆われた山、澄んだ湖、緑豊かな森が夕日の黄金色に照らされた自然風景」など、具体的な自然風景をリアルに描写してほしいというプロンプトを作成することで、山、川、森、海辺など、自然の美しさを細部まで捉えることができます。

DALL-E3

ポートレート写真

「リアルに表現した肖像画」のようなプロンプトを作成することで、人の顔、表情、服装はもちろん、肌の質感、光の反射、影まで精巧に描写したポートレートを生成することができます。

都市の風景

「建物、街並み、車両をリアルに表現した街並み」のようなプロンプトを作成することで、建物、街並み、車両など都市の様子を正確かつリアルに再現することができます。ここに建物のディテールや街の雰囲気、日差しがどのような形で入ってくるかなどの内容を追加することで、より印象的な画像を作成することができます。

日常的なシーン

「日常生活の本質を写実主義的に表現した日常的なシーン」のようなプロンプトを作成することで、家の中の様子やレストラン、公共の場所など、日常生活のシーンも写実主義スタイルで生き生きと表現することができます。

写実主義スタイルは、観察者があたかもそのシーンや対象を直接見ているかのように感じることができるため、教育、視覚的なストーリーテリング、広告、芸術作品など、さまざまな用途に活用することができます。

印象主義スタイル

モネやルノワールなどの印象派の画家たちのスタイルを模倣し、柔らかく、色彩豊かな画像を作成することができます。このスタイルは、19世紀後半にフランスで始まった印象派の美術運動にインスパイアされたもので、柔らかな輪郭と筆のタッチ、明るく鮮やかな色彩、光源と影の表現、日常的なシーンの描写が特徴です。 印象派スタイルの画像も、写実主義と同様に、画像を作成する際に印象派スタイルで表現してもらうことで簡単に作成することができます。印象派スタイルは、以下のようなイメージを描写するのに優れています。

野外活動

大多数の印象派の画家は、屋外での活動を様々な方法で表現しています。 そのため、多くの参考資料があるため、「印象派スタイルで表現した公園での休息」のようなプロンプトを使用すると、屋外での活動をリアルで面白く描くことができます。もちろん、この他にも「街の街の活気」「カフェでの集い」などを扱うイメージも簡単に作ることができます。

瞬間を捉えた感覚を生かしたいとき

印象派スタイルは、瞬間の感覚を捉えたものが多く、絵を描くときに変化する瞬間をそのまま写そうとする努力から生まれたものです。 そのため、似たような感覚の画像を生成するときに、印象派スタイルは威力を発揮します。例えば、「印象派スタイルで瞬間的に捉えた忙しい街のワンシーン」のようなプロンプトを作成することで、忙しい街の一瞬を「印象」的に表現することができます。

感情や雰囲気を強調したいとき

印象派スタイルは、感情や雰囲気を多く強調します。 そのため、「印象派スタイルで表現した温かみのある風景」のようなプロンプトを作成することで、特定の感情や雰囲気を伝える画像を生成することができます。

印象派スタイルは感情や雰囲気を伝えるのに優れているため、現代のデジタルアート、広告、ストーリーテリングなど様々な分野で活用されています。このようなスタイルを活用してSNS用のコンテンツを制作することができ、商業広告にも活用できるので、ぜひ試してみてください。

ルネッサンスアートスタイルの画像を作成する

ルネッサンス時代の美術スタイルを模倣して、クラシックで繊細なディテールを備えた画像を生成することができます。ルネッサンス美術スタイルを非常に印象的に再現することができます。ルネッサンス美術は、14世紀から16世紀にかけてヨーロッパの中心的な芸術様式でした。人体の正確な描写、バランスと調和の強調、遠近法、細密な背景や自然描写が特徴です。 これらの特徴をもとに、次のような内容を含む画像を作成する際にルネッサンス美術スタイルを活用するとよいでしょう。

歴史的な雰囲気のあるシーン

やはりルネサンス時代自体が14世紀から16世紀を扱っているため、歴史的なシーンを演出するのに適しています。「ルネサンス美術スタイルで表現した壮大な戦い」、「ルネサンス美術スタイルで表現した宮廷の宴会」などのプロンプトで、王や貴族、軍隊や英雄の華やかな衣装や行為を盛り込み、歴史的な瞬間を捉えたようなイメージを生成することができます。

神話と物語

ルネサンスは、古代ローマやギリシャの神話や物語を扱うためにも多く使用されました。 そのため、「ルネサンス美術スタイルで表現された神に立ち向かう英雄」のようなプロンプトで、神話上の英雄の物語を簡単に描写することができます。

抽象的なスタイル

抽象的で幾何学的な色と形を組み合わせることで、ユニークなイメージを作り出すことができます。抽象芸術は通常、具体的な形や対象を直接描写するのではなく、色、形、線、テクスチャーなどを使って感情やアイデアを表現します。幾何学的な形、強烈な色の使用、具体的な対象よりも感情やアイデアの表現、質感や物性への考察が特徴です。抽象的なスタイルで表現するのに適したイメージは以下の通りです。 いくつか説明しましたが、対象を新しい形で捉え、解釈できることがポイントです。

形の解体と再構成

物体や風景を解体し、その部分を再構成して新しい形やパターンを作ることができます。例えば、「抽象的なスタイルで表現された都市の風景」というプロンプトを入力すると、新しい視点で都市を眺めることができる画像を生成することができます。

感情や雰囲気を表現する

色と線だけで感情や雰囲気を表現することができます。実際、「抽象的なスタイルで表現した遊びたいのに仕事をしなければならないときに感じるイライラした感情」のようなプロンプトを入力すると、表現しにくい自分の感情を視覚的に描写することができます。

このように、DALL-E3を使えば、伝統的なアートの枠を超えたクリエイティブで想像力豊かなイメージを生み出すことができます。それだけでなく、さらにクリエイティブで想像力に富んだイメージも作成することができます。それは、実際には存在しないファンタジーやSFの世界です。

DALL-E3: ファンタジーやSFスタイル

奇妙な生き物、エイリアンの風景、未来の都市など、想像力を刺激する様々なファンタジーやSFの世界を描写することができます。DALL-E3がファンタジーやSFスタイルで生成した画像を見ると、想像力と創造性の極致を示していると思います。 その理由は、現実を超えた想像の世界を、いや、想像もしなかった幻想的な動物や生き物、魔法や呪文、異星の風景や惑星、未来のテクノロジーやロボットなどが生き生きとした世界を、画像を通してすぐに見せてくれるからです。

ファンタジーやSFスタイルは、豊かな想像力をベースにしたストーリーテリングが必要な小説や映画、ゲームなどのコンセプトアートとして使用するのに適しています。 例えば、「西部王国に位置する人里離れた自分の故郷の村を凶暴なドラゴンから守るために冒険に出る3人の青年」、「SFスタイルで表現した銀河系を脅かす大帝国の機械化された首都」などのようなプロンプトを書くことができます。こうすることで、世界観を構成する際に必要な参考画像を簡単に生成することができます。

画像生成AIで最も多く生成される画像スタイルの一つが、ファンタジーやSFです。 このように生成された画像を、GEN-2というImage to video AIサービスを活用して映像化する創作活動が人気を集めています。まだ初期段階ではありますが、最近OpenAIがSoraというテキスト・動画システムを公開しました。 画像生成AIは、私たちの創造性を極限まで高めてくれる頼もしい味方となっています。

漫画やアニメスタイル

様々な漫画やアニメスタイルの画像を作成することができます。アメリカの漫画スタイルだけでなく、日本のアニメスタイルも表現することができます。

漫画やアニメの中には細かなスタイルがたくさんあります。 そのため、希望するスタイルがある場合は、単に漫画スタイル、アニメスタイルと言うのではなく、「*ルニータンズスタイルのリスのキャラクターがいたずらするシーン」、「ドラえもんスタイルの男の子が学校に行く姿」など、特定のリファレンスを明確に提示することをお勧めします。マンガやアニメのスタイルは、次のような用途に活用するのに適しています。

自分だけのストーリーテリングコンテンツ

自分だけのキャラクターを作ることができます。例えば、自分の写真をアップロードし、「アニメーションスタイルで描いてください」というプロンプトを入力します。 そして、シード値を活用し、様々なアクションを作成することができます。 以下は、私の写真をアップロードし、アニメーションスタイルで作成したキャラクターです。

キャラクターデザインやシーン構成のリファレンス

実際の漫画やアニメを作る際に、キャラクターデザインやシーン構成に活用することもできます。例えば、新しい登場人物が必要な場合、「パワーパフガールスタイルで表現した、見た目はすごく冷たいけど、心は温かいキャラクター」など、特徴だけを入力すれば、簡単にリファレンスを得ることができます。

このようなスタイルは、ウェブトゥーン、アニメ、ゲーム、児童書など様々な分野で活用することができます。