AIがアプリに取って代わる? アプリストアを揺るがすGPTsの可能性

2023年11月7日、チャットgptに大きな発展を予告するOpenAl DevDay Opening Keynoteイベントが開催されました。 この日、サミュエル・H・アルトマン(Sam Altman) OpenAl CEOは素晴らしい発表をしました。

次世代のChatGPTとGPTs

これまで、全世界の開発者のうち約200万人がOpenAIの技術を利用して様々なプログラムを作成し、全世界の大企業の92%以上がOpenAIの技術を活用しており、チャットgptを週に1回以上利用するユーザー数が1億人に達するそうです。これほど多くの人がチャットgptを使う理由は、チャットgptを便利だと思ったユーザーが友人や知人に推薦するためだそうです。 今やチャットgptは、いわゆる一度も使ったことのないユーザーはいても、一度しか使ったことのないユーザーはいないほど、その機能に誰もが驚き、その驚きを実感したユーザーはすでに誰よりも便利に活用しています。 OpenAIはDevDay、Opening Keynoteイベントを通じて、チャットgptは今、聞くことができ、話すことができ、さらには見ることも可能になったと知らせました。企業はチャットgptの企業バージョンのリリースにより、より安全に情報を守りながら使用できるようになったといいます。具体的に何が変わり、新しく作られたのか一つずつ見てみましょう。

1つに統合された会話ウィンドウ

従来は、Advanced data analysisとDALL・E3を使用するには、別々の会話ウィンドウでそれぞれ使用する必要があったため、チャットgptとの作業連携性がありませんでした。 しかし、今回の発表以降、GPT-4内にすべての機能が入り、一つの会話ウィンドウで相互に連携して使用できるようになりました。 このアップデートにより、データ分析作業をチャットgptと連携して高度化することができます。

GPT-4のアップグレードモデル、GPT-4Turboの発表

今回の発表でもう一つ驚いたのは、GPT-4Turboの発売のニュースです。GPT-4Turboは、従来のGPT-4モデルよりも多くの情報を処理できるようにアップグレードされたモデルです。どのような部分が変わったのか見てみましょう。

1.GPT-4Turboは文脈を理解し、反応するのに特に優れています。

GPT-4Turboは、以前のモデルが処理できた8,000個のトークンから無礼な12万8.000個のトークンまで処理できるようになりました。トークン(oken)という難しい概念が登場しましたが、簡単に言えば、12万8,000トークンというのは、約300ページ分の本に相当する単語量です。 そのため、この新しいモデルは、長い文脈を処理する際の精度が大幅に向上しました。 つまり、ユーザーが長い指示を与えたり、複雑な情報を入力しても、その内容をより正確に理解し、適切な反応をすることができるようになったということです。

2. 2023年4月までの最新情報を反映して回答します。

以前のバージョンは2021年までの情報だけで回答していましたが、GPT-4Turboは2023年4月までの最新情報を反映して回答するそうです。 これは本当に驚きの発表でした。 このことから、今後新しいモデルが出るたびに最新情報の基準日を更新し続けると思われます。

3.画像を認識し、理解します。

GPT-4Turboは画像を認識して理解する機能を持っており、ユーザーが提供した画像に基づいてキャプションを作成したり、画像を分類して分析することもできます。

4. テキストを音声に変換します。

GPT-4Turboを使用すると、テキストを自然に聞こえる音声に変換することもできます。 そして、音声は6つの異なるプリセットの中から選択することができるそうです。 このような機能は、音声支援アプリケーションや言語学習ツールを開発するのに役立つと思われます。

ウィスパー(Whisper)というオープンソースの音声認識モデルも今回V3にアップデートされました。 これにより、さまざまな言語での性能が向上し、音声コマンドをテキストに変換する作業で、より高い精度を提供するとします。

超パーソナライズされたChatGPT、GPTsの登場

GPT-4Turboの次に発表されたのは、GPTsでした。GPTsは、チャットgptの機能を活用し、特定の目的に合わせて調整されたバージョンを指します。発表では、教育者が授業計画を立てたり、デザイナーがグラフィックを作成するためにGPTsを使用する方法などが紹介されました。 また、ユーザーが作成したGPTsを他の人と共有したり、販売することができるプラットフォームであるGPTストア (Store)も公開されました。便利で人気のあるGPTを作ったクリエイターは、OpenAlから収益を得ることができるのです。 つまり、GPTsは超個人化されたチャットgptと定義することができます。もっと簡単に言えば、自分だけのチャットボットのようなものです。 では、GPTsはいったい何で誰もが驚き、世間を騒がせたのでしょうか?

1.アプリと同じようにGPTも収益化が可能です。

チャットgpt登場後、最も衝撃的なアップデートはプラグイン(Plugins)でした。プラグインは、サードパーティのサービスをチャットgptと組み合わせることを許可するサービスなので、その余波は非常に大きかったです。 その後、チャットgptが何度かアップデートされましたが、プラグインほど大きなインパクトを与えたものはありませんでした。GPTsが登場するまではね。 GPTsの発表後、すぐに数万種類のGPTsが作られ、GPTsがアプリを代替する要素だと騒がれました。 先ほど話したようにGPTS からも収益創出が可能になったからです。

このようなOpenAlの動きは、AI技術を創造的に活用して新たな価値を生み出そうとしている個人や企業を支援する意志に見えます。有用で人気のあるGPTsを作った製作者たちに、GPTストアを通じて創造的な作業を広報し、収益を創出する機会を提供するからです。 このような傾向は今後さらに広がっていくと予想されます。アプリストアが登場した時のように、GPTストアを通じて有用なGPTsが相当な収益を創出すると思われます。 実際、現在、多くのチャットgptユーザーがGPTを生産して共有しており、さらにこのような開発を便利にするプラットフォームも続々と登場しています。 登場しています。

2. チャットgptを作ったOpenAlのAI使用目的に合致します。

何よりもGPTsに注目すべき明白な理由が一つあります。チャットgptを作ったOpenAIのAIの使用目的に最も合致する機能がGPTsだからです。 GPTsの使用目的は「アシスタント」です。AIが人間に取って代わるのではなく、「補助ツール」になり、膨大な効率化と成長をもたらすという理念が、Open AIがチャットgptを作った目的だそうです。 だからこそ、彼らはチャットgptを作った目的に近いGPTsを多くの人が活用できるように、さらにエネルギーを注ぐという展望があります。 簡単になくなることもなく、今後最も発展する機能がGPTsなのです。

3.誰でも簡単にGPTを作ることができます。

コーディングの知識がなくても、簡単な自然言語コマンドとデータのアップロードだけで自分だけのGPTsを作ることができます。例えば、ブログを運営するのであれば、SEOに最適化された文章を書くことに特化したチャットボットを作ることができ、普遍的には、生きてきた知識を学習させた、自分だけのパーソナルアシスタントを作ることができます。自分だけのパーソナライズされた真夜中も設定できるので、GPTsをよりパーソナライズすることができます。 2023年11月のOpenAl DevDay、Opening Keynoteのイベント内容を簡単に見てみましたが、この内容だけ見ても、当分の間、競合他社との格差はさらに広がるものと予想されます。 また、どのAIツールよりも強力な水という事実を世界に広く知らせました。

まとめ

2023年11月7日のOpenAI DevDayイベントで発表された内容は、AI技術の画期的な発展を示しています。 特に、GPT-4TurboとGPTsは、AI技術の未来を示す重要な発表と言えます。

GPT-4Turboは、従来のGPT-4モデルよりも多くの情報を処理し、長い文脈を理解し、最新の情報を反映するなど、優れた機能を備えています。 また、画像認識および理解、テキスト音声変換機能まで備えており、様々な分野で活用することができます。

GPTsはチャットgptの機能を活用し、特定の目的に合わせて調整されたバージョンです。教育、デザイン、パーソナルアシスタントなど、様々な分野でカスタマイズされたAIソリューションを提供することができます。GPTsはアプリのように収益化が可能で、誰でも簡単に作れるという点で、より注目されています。

今回のOpenAI DevDayイベントは、AI技術が急速に発展しており、今後さらに多様な分野で活用されることを示しました。 特に、GPT-4TurboとGPTsは、AI技術の未来を示す重要な発表と言えます。